不労所得ゲット!ほったらかし投資12選

仮想通貨ICX(ICON)とは?特徴や将来性・購入方法や取引所

よろしければシェアをお願いします

仮想通貨「ICX(ICON/アイコン)」に関する特徴や将来性、買うことの出来る取引所や買い方、対応ウォレットと保管方法について紹介しています。

ICX(ICON)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。




人気沸騰中の取引所ピックアップ!
GMOコイン 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!

ICX(ICON)とは

ICX(ICON)は2017年10月に誕生した「韓国版イーサリアムとも言われている韓国初のICOプロジェクトです。

現実世界でブロックチェーンを活用していくために韓国では既に銀行、証券、保健、医療、ECなど複数のコミュニティと連携しています。

ICXには従来の新規発行されるマイニング機能がなく、C-repの協議によって行われています。

承認制度(コンセンサスアルゴリズム)にはLFTという独自の投票制度を採用しています。

ICXの特徴は以下の通りです。

  • 韓国初のICOプロジェクト
  • すでに複数の業界のコミュニティを持つ
  • 独自の承認制度がある

ICXのICOは公開初日で完売してしまうほどの注目を集めた韓国初のコインで、イーサリアムベースのトークンでスマートコントラクトを使用して銀行、証券、保健、医療、ECなど複数のコミュニティと連携しています。

スマートコントラクトを活用することによって、第三者を介することなく自動的に契約やシステムを動かすことが出来るようになります。

複数のコミュニティと連携しているICXは、異なるコミュニティとの契約をスムーズに行うための役割を担っています。

決済や取引でICXの通貨を活用できることを目指しており、将来的には様々な企業や組織がICXのブロックチェーンを取り入れることで同一のネットワークでつなぐことを目標としています。

それではICXの持つ複数の特徴について解説していきます。

LFT(Loop Fault Tolerance)

LFTはブロックチェーンの取引承認を迅速に行うことのできる独自のコンセンサスアルゴリズムで、ネットワーク内でのフォーク(ブロックチェーンの分岐)も防ぐことが出来ます。

信頼できるノード同士でのみ繋がれており、参加者には「リーダーノード(Lノード)」と「検証ノード(Vノード)」の2種類に分けられます。

取引の承認が行われる手順は以下の通りです。

  1. 検証ノードがトランザクションを送信
  2. リーダーノードがまとめてブロックを生成
  3. 検証ノードがブロックを検証※
  4. 一定以上承認が行われたものをブロックに追加

※ブロック内のデータが正しいか、検証ノードが作成したものかを検証する。

最終的に一定以上の承認(投票)が行われなければブロックに追加されないので、怪しい取引は弾かれる安全な仕組みになっているわけですね。

SCORE(Smart Contract On Reliable Environment)

SCOREとはloopchainの独自のスマートコントラクトのことを指します。

SCOREは従来のスマートコントラクトと違い、ブロックの承認プロセスとは切り離された場所で機能しているため、スマートコントラクトに問題が生じてもブロックチェーンが正常に機能します。

また、更新時にデータの移行が不要でスマートコントラクトのデータ更新作業が簡単に行えるので開発者にとっても便利です。

ICONick

ICONickはICONネットワークで使用されるウォレットIDのことを指します。

ウォレットアドレスのような役割を持っていますが、従来のウォレットアドレスのように長い文字列の羅列ではなく、簡単な文字列やニックネームに置き換えることが出来ます。

イメージとしてはウォレットアドレスの代わりに覚えやすいメールアドレスのようなものを1ウォレットにつき1つのICONickを1年間自由に使うことが出来ます。

これはドメインのように自由に売買することが可能で、人気のあるICONickは高額で売る事もできるようです。

DEX(Decentralized Exchange)

DEXは中央管理者の存在しないユーザー同士で取引を行う仮想通貨取引所を指します。

国内取引所は基本的に特定の運営会社がユーザーの送金や取引を仲介していますが、DEXはすべてブロックチェーン上に取引システムをおくことで非中央集権の取引所を実現しています。

これにより、手数料が安く、ハッキングリスクを減らすことが出来ますが、秘密鍵や送金の管理なども個人で行う必要があります。

5つのコミュニティネットワーク

ICXは5つのコミュニティネットワークによって成り立っています。

  1. Community
  2. C-Node(Community-Node)
  3. C-Rep(Community Representative)
  4. ICON Republic
  5. Citizen Node

それぞれの役割について簡単に説明していきます。

Community

複数のノードから成り立っている通貨全体のネットワークを指す言葉。(例:ビットコイン、イーサリアム)

C-Node(Community-Node)

コミュニティを構成する1要素で、コミュニティの仕様変更の意思決定の際に影響を持つマイナーと近しい役割を持っています。

C-Rep(Community Representative)

コミュニティごとに選ばれた代表者のことで、ICON Republicにおける取引承認などの意思決定を持っています。

ICON Republic

コミュニティ同士を結ぶコネクション(パイプ役)となっており、C-RepとCitizen Nodeで構成されています。

Citizen Node

ICON Republicの構成要素。ICONネットワーク上にDappsを作成することができる一般ユーザーのことですが、C-repのように投票権は持っておらず、取引に参加するのみです。

ICX(ICON)の基本情報

通貨名 ICX
公開日 2017年10月
最大発行枚数 800,460,000枚
(約8億枚)
公式サイト https://icon.foundation/
ホワイトペーパー こちら
Medium こちら

ICX(ICON)のチャート



公開直後の2017年10月にはICOが終了し、市場に公開され約45円の価格を付けました。

その後、2017年12月に大手取引所Binanceに上場したことと、バブルの影響で価格が大きく高騰し約1,300円まで価格が跳ね上がりました。

その後は市場の落ち着きとともに右肩下がりになりましたが、時価総額上位をキープしており200~300円前後を維持しています。

ICX(ICON)の将来性・今後

LINEプラス社との提携

ICXは世界中で2億人以上のユーザーを抱えるソーシャルネットワークサービスを提供する「LINEプラス社」と提携しており、幅広いコミュニティでの展開が期待されます。

LINEのサービスに導入されれば実質的に2億人のユーザーがICXのプロジェクトを認知することになる可能性もあります。

また、共同でジョイントベンチャー「Unchain」を設立しており、新たなブロックチェーンエコシステムを開発しています。

これはNEMのエコシステムと似ておりネットワークの貢献者に通貨を配布出来るシステムとなっています。

韓国の3大大手生命保険「Kyobo Life」との提携

韓国の科学技術省は第4次産業革命の一環としてパイロットプロジェクトに選定された、韓国の3大大手生命保険「Kyobo Life(教保生命)」はICONとの提携を発表しました。

ブロックチェーンベースの自動保険請求サービスを開発するため、ICONチームと共同で開発に着手しており、その他韓国金融投資協会(KOFIA)や25社のセキュリティ企業・規制金融機関と協力もしています。

これは実質的にICONも政府が関与しているプロジェクトとも言えるのではないでしょうか。

複数分野での展開を予定

ICXは複数の業界のコミュニティネットワークを構築するべく、様々な業界との提携を進めています。

  • 証券:2018年上半期に決算部門でのブロックチェーン活用
  • 保険:2017年から既に開始されている顧客登録から請求までを自動化した健康保険システム
  • 銀行:2018年中にプリペイド式のデジタル決済システムの開発
  • 教育:2018年上半期「U-コイン」システムにより大学生向けの自動売買機構築
  • 医療:2018年中頃に医療データ管理の新しいDapps開発を予定

ETHの性能に制限される

ICXはスマートコントラクトを活用することで、独自のコミュニティ経済圏を作ることを目標としています。

現在はイーサリアムベースのトークンとして機能しているため、実質的にETHの性能を間借りしてる形となっています。

そのため、通貨の性能や処理速度などはイーサリアムに左右されてしまうため、今後は独自通貨への開発があるかどうかで時価総額にも大きな影響を与えそうです。

Binanceに上場済み

ICX(ICON)は既に全世界取引高トップクラスの「Binance」や「Huobi」に上場しています。

そのため、現時点での認知度はとても高く、その他の仮想通貨と同じように投資家の期待を集めています。

流動性も高くなっているため「買いやすい」という点において優れているといえます。

ICX(ICON)の取引所・買い方

※ICXは現在日本円で直接買うことはできません。

国内の取引所でビットコインを購入し、以下の海外取引所で交換することができます。

個人的にはセキュリティ面もしっかりしているBinanceはおすすめです。

ICXを買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. 国内の取引所でビットコインを買う
  2. Binanceにビットコインを送金
  3. ビットコインでICXを購入

国内の取引所登録は、セキュリティレベルが高く海外取引所へのビットコイン送金手数料が無料のDMMBitcoinがおすすめです。

ICX(ICON)の口コミ・評判

ICX(ICON)の公式ツイッター

ICX(ICON)のウォレット・保管方法

ICX(ICON)は下記の既存のウォレットを使用して保管しておくことをおすすめします。

(取引所に預けたままにしておくとハッキングによって失う可能性があります)

TREZOR(トレザー)

「TREZOR(トレザー)」は仮想通貨のハードウォレットの一つです。タッチパネルに対応しており、日本語マニュアルなども充実しており初心者におすすめです。

PCを持っていなくても仮想通貨を持ち歩くことが可能になっており、国内の主要通貨を始め、500種類以上の幅広い通貨に対応しています。

【TREZOR】「トレザー」とは?特徴や使い方メリット・購入方法を徹底解説 | ハードウェアウォレット
オフラインで仮想通貨を安全に保管できるハードウォレット「TREZOR(トレザー)」特徴や使い方、...

My Ether Wallet

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)とはイーサリアム(ETH)イーサリアムクラシック(ETC)を含む、ICOなどで発行されているERC系トークンを保管出来る無料のデスクトップウォレットになります。

秘密鍵を自身で管理する必要があるので、パソコンなどがハッキングされない限りは安全に管理する事が出来ます。

【最新版】マイイーサウォレット(MyEtherWallet)の登録方法と使い方 | 送金・入金・ログイン手順を徹底解説
イーサリアム(ETH)やカスタムトークンを管理することの出来るウェブウォレット「MyEtherW...

ICONex

「ICONex」は公式から配布されている無料のウォレットアプリです。

基本的に1種類しか対応していないので、仮想通貨をまとめて管理したい方は別のウォレットを使うのがおすすめです。

ICX(ICON)は買うべき?

ICXですが、実際に買うべき銘柄なのか気になるところですよね。

管理人の独断と偏見で、以下のポイントをチェックした上で買うべきかどうか考察してみました。

ICXの評価

プロダクトの将来性 (5/5)
時価総額の安さ (2/5)
単価の安さ (3/5)
取引所の少なさ (2/5)
コミュニティの人気度 (4/5)
総合評価  (5/5)

既にウォレットなどが完成しており、大手企業とのパートナーシップ提携なども進んでいることがわかります。

大手生命保険との提携など政府が一部関わっている信頼性の高さから、今後も国家単位で注力されるブロックチェーンプロジェクトの一つとして高い注目度を集めています。




手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所DMM Bitcoin

  • レバレッジ取引最大4倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

リスク低めで始める
新しい資産運用Funds

Funds(ファンズ)

  • 貸付ファンドに投資出来る
  • ミドルリスク・ミドルリターン
  • 1円から資産運用が始められる

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします