仮想通貨の始め方完全マニュアル

仮想通貨MAN(Matrix AI Network)とは?特徴や将来性・購入方法や取引所

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 754

仮想通貨「MAN(Matrix AI Network)」に関する特徴や将来性、買うことの出来る取引所や買い方について紹介しています。

MAN(Matrix AI Network)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。




人気沸騰中の取引所ピックアップ!
BITPOINT 公式HP
送金手数料無料で登録者急増中!
上場企業運営で安心のセキュリティ!
口座開設+入金で3000円相当のBTCプレゼント!
GMOコイン 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で3000円入金+取引で最大23,000円貰える!

MAN(Matrix AI Network)とは

MAN(Matrix AI Network)は2018年にICOを行った、AIとスマートコントラクトを搭載した中国発の仮想通貨プロジェクトです。

プログラミングなどの専門知識が不要で誰でもAIやブロックチェーンを利用することのできるプラットフォーム開発を進めています。

MANの特徴は以下の通りです。

  • AIとスマートコントラクトを活用
  • プログラミング知識不要のプラットフォーム
  • 通貨としての性能が高い

MANはAIをベースとしたブロックチェーンプラットフォームで、他のブロックチェーンを持つ通貨との連携、AIによる自己進化、大量の取引処理の実現など将来的に巨大化することを見越した柔軟なプラットフォームを開発しています。

既存の通貨の多くは処理性能の上限や、プロジェクトの方向性等による制約があることで利便性に不自由をきたしているという課題を抱えています。

MANはスケーラビリティ性を重要視しており、使いやすさ、セキュリティ、扱いやすさの3点に特化したプロジェクトとも言えます。

専門知識が不要で、セキュリティやブロックチェーンの専門部分についてはAIが自己進化で勝手に修復してくれるので心配はありません。

AIがネットワークエラーやシステムの脆弱性などを自動的に検出・修復を行ってくれます。

スマートコントラクト搭載の高性能通貨

MANの性能には以下のようなものが挙げられます。

  • インテリジェント契約:プログラミング不要でイーサリアムの350倍の潜在ユーザー
  • イージス:AIプロテクションにより資産を安全に管理する
  • ワームホールネットワーク:Visaカードよりも早い毎秒100万件以上の処理能力
  • ダーウィンの進化:市場の需要に適応する進化

他通貨との性能比較

MANの優位性は他のスマートコントラクト搭載通貨と比較した時に分かる性能の高さでしょう。

毎秒100万件以上の取引能力を実現する事のできる高速ブロックチェーンネットワークを搭載しており、通貨としての機能が充実しています。

もちろん性能が高い=お金として価値を持つということではないのですが、実需が広がり実際に使われるようになればその利便性は高く評価されるでしょう。

現在はビットコインがその典型的な例として、処理性能の低さによる送金づまり(トランザクション問題)が大きな課題となっています。

MANはそういった問題を克服している通貨というのは間違いないでしょう。

MAN(Matrix AI Network)の基本情報

通貨名 MAN
公開日 2018年1月
最大発行枚数 10億枚
公式サイト https://www.matrix.io/
テレグラム こちら
Reddit こちら
Medium こちら

MAN(Matrix AI Network)の将来性・今後

ブロックチェーン同士のつなぎ込みが可能

MANはブロックチェーン同士のつなぎ込みが可能になっており、わかりやすく言うと”違う通貨同士を同じネットワーク同士で稼働させること”が出来ます。

これにより、通貨の両替や互換性を自由に持つことが出来るようになり、ブロックチェーン業界に革命をもたらすとも言われています。

ブロックチェーンには大きく分けて2種類あり「プライベートチェーン」「パブリックチェーン」に分けられています。

プライベートチェーン パブリックチェーン
概要 承認する人が限定される 誰でも承認に参加可能
信頼性
プライバシー
手数料
取引時間
通貨例 XRPなど BTC、ETHなど

どちらのブロックチェーンの仕組みも一長一短のメリット、デメリットを持っていますが用途に分けられて使われています。

  • プライベートチェーン:企業内のデータベースなど
  • パブリックチェーン:オープンネットワークなど

クローズドなものは「プライベートチェーン」。オープンにしたいものは「パブリックチェーン」で使い分けられていますが、根本の仕組みが違うためこの2つをつなぎこむことは今まで不可能でした。

MANはこの2つをつなげることが可能になり、ブロックチェーンの活用の幅を無限大に広げることが出来ると考えられます。

ハードフォークの心配なし

MANはAIによる自己進化が大きな特徴です。

これは通貨の柔軟性を上げておくことで、内部の仕組みや性能のアップデートでハードフォーク(分岐)する必要がなく、MANとしてそのまま通貨の機能を上げることが出来るためです。

例えば、ビットコインキャッシュなどはビットコインからハードフォークによって誕生した通貨ですが、処理性能の高い通貨を作るために必要不可欠でした。

しかし、ハードフォークは投資家たちにアナウンスする必要があり、通貨が一つ増えることでプロジェクトが分岐する可能性もあります。

MANはハードフォーク不要で通貨の性能をアップする事ができるので開発者側にもプロジェクトに専念出来るメリットがあります。

ロードマップ

2018.09

  • 始まりの時代
  • 初期化
  • インフラ整備
  • プライベートチェイン
  • チェーン間取引

2018.12

  •  速さの時代
  • 光速ネットワーク
  • AI対応PoS + PoWコンセンサス
  • 代表ノードのランダム生成
  • 進化的パラメータの最適化

2019.04

  • 文明の時代
  • AI保全インテリジェント契約
  • 正式な検証
  • AIベースの保護
  • AIは自主的に法を制定した

2020.01

  • 驚きの時代
  • マイニングとアプリケーション
  • マイニングIC
  • コンピューティング/マイニング施設
  • ビッグデータアプリケーション

MAN(Matrix AI Network)の取引所・買い方

※MANは現在日本円で直接買うことはできません。

国内の取引所でビットコインを購入し、以下の海外取引所で交換することができます。

個人的にはセキュリティ面もしっかりしているBinanceはおすすめです。

MANを買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. 国内の取引所でビットコインを買う
  2. Binanceにビットコインを送金
  3. ビットコインでMANを購入

国内の取引所登録は、セキュリティレベルが高く海外取引所へのビットコイン送金手数料が無料のビットポイント(BITPOINT)がおすすめです。

MAN(Matrix AI Network)の口コミ・評判

MAN(Matrix AI Network)の公式ツイッター

MAN(Matrix AI Network)は買うべき?

MANですが、実際に買うべき銘柄なのか気になるところですよね。

管理人の独断と偏見で、以下のポイントをチェックした上で買うべきかどうか考察してみました。

MANの評価

プロダクトの将来性 (4/5)
時価総額の安さ (2/5)
単価の安さ (4/5)
取引所の少なさ (2/5)
コミュニティの人気度 (3/5)
総合評価  (4/5)




初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所BITPOINT

BITPOINT口座開設

  • レバレッジ取引最大25倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

ビットコインFXが出来る!
安全な取引所GMOコイン

GMOコイン口座開設

  • 人気のリップルが最安で買える
  • 取引手数料が無料
  • ビットコインFXにおすすめ
  • 登録キャンペーン実施中!

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします