仮想通貨の始め方完全マニュアル

仮想通貨STRAT(Stratis)とは?特徴や将来性・購入方法や取引所

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 811

仮想通貨「STRAT(Stratis)」に関する特徴や将来性、買うことの出来る取引所や買い方について紹介しています。

STRAT(Stratis)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。




STRAT(Stratis)とは

STRAT(Stratis)はブロックチェーン開発のハードルを下げるために設計されている、技術者向けのブロックチェーン開発プラットフォームです。

プラットフォーム「Stratis」を利用することで仮想通貨関連のプロジェクトやブロックチェーンサービスの展開が容易になり、開発のスピードアップが期待出来ます。

STRATの特徴は以下の通りです。

  • ブロックチェーン開発プラットフォーム
  • 開発言語がC#で便利
  • マイクロソフトと提携済み

2017年末の仮想通貨バブル以降、大手企業や事業者がブロックチェーン関連の開発事業を立ち上げる様子が目立つようになりました。

ブロックチェーンの持つ「堅牢性・安全性・利便性」などが認知されて、非中央集権のサービス開発を行うために様々な事業者が参入しています。

しかし、ブロックチェーン開発は既存のプログラミング言語(プログラマーが開発する際に使用するコード)で作成するのが難しい事も多いです。

そのため、ブロックチェーン事業立ち上げのために新規に人材確保やスキル習得など時間とコストが懸念されるようになりました。

STRATが提供する開発プラットフォーム「Stratis」ではプログラマーの多くが習得している「C#」と言われる言語で開発する事ができるメリットがあります。

そのため、新しくプログラミング言語を学習する必要なしで、そのままブロックチェーン開発に移行する事ができます。

Stratisを利用することでブロックチェーンを一般企業にも普及させる目的があります。

プライベートチェーンを作成可能

ブロックチェーンには大きく分けて2種類あります。

  • パブリックチェーン:不特定多数の人が取引承認に参加する
  • プライベートチェーン:特定の人が取引承認に参加する

パブリックチェーンとはビットコインなど不特定多数の人がマイニングを行い取引承認に参加できる仕組みです。

これにより多くのマイナーを確保し、ネットワークを維持することが可能になりますがデメリットとして悪意を持ったマイナーによって攻撃される可能性もあります。

プライベートチェーンではマイナーを限定する代わりに、特定の人しか取引承認の権限を与えないため更に安全なネットワークを形成する事ができます。

Stratisは独自カスタムできるプライベートチェーンを作成可能になっており、特定の組織や団体が管理運営する事ができます。

STRATの使用用途

発行されている通貨「STRAT」は上記のStratisが提供するプライベートチェーンを利用する際に必要になります。

そのためサービスが普及し、利用するユーザーが増えることで相対的にSTRATの需要も高まり価値の向上に繋がります。

他通貨との互換性あり

Stratisはビットコインとの互換性もあるため、ビットコイン上で開発されたサービスを簡単に移行することも出来ます。

また、サイドチェーンを利用することで、簡単にDapps(分散型アプリケーション)を開発することも出来ます。

イーサリアムやWAVESなど他のブロックチェーンとの互換性を持つことも可能です。

STRAT(Stratis)の基本情報

通貨名 STRAT
公開日 2016年8月9日
承認方式 PoS
最大発行枚数 9800万枚
公式サイト https://stratisplatform.com/
ホワイトペーパー こちら

STRAT(Stratis)のチャート



2016年の公開当時は10円以下で推移しており、2017年から徐々に価格が上昇しています。

仮想通貨市場が注目され始めた7月以降は1枚1000円という100倍以上の高騰をしています。

その後は500円~1000円前後を堅調に維持しており、人気の高さが伺えます。

STRATの将来性・今後

プライベートチェーンを簡単に構築出来る

Stratisを利用することで企業だけでなく、誰でも簡単に独自のプライベートチェーンを運用することが出来るようになります。

具体的には以下のような手順だけで構築する事ができます。

  1. プラットフォームでアカウント作成
  2. STRATをガス代として購入する
  3. プラットフォーム上でプライベートチェーンを展開
  4. 各種パラメータの設定をして完了

パラメータの設定に専門的な知識は必要なく、ブロックチェーン名、ブロック生成時間、マイニング報酬、最大ブロックサイズなどを設定するだけで構築出来ます。

ブロックチェーン開発のハードルが下がることによって、参入障壁もなくなるので今後のブロックチェーン市場の普及で大きく躍進する可能性があります。

マイクロソフトとの提携

STRATはマイクロソフトとの提携を果たしており、その発表を皮切りに一気に価格を上げました。

既にマイクロソフトの主要なプロジェクトの一つとして組み込まれており、プラットフォーム開発にも携わっています。

具体的にはマイクロソフト社内の大手企業のシステム開発部門を担当する「Microsoft Azure」と共同開発お行っており、Stratis Development Platformという開発環境を提供しています。

Microsoft Azureのパッケージを購入することで別の通貨のブロックチェーンを取り込んだり、ブロックチェーン開発環境を導入する事ができるようになります。

STRAT(Stratis)の取引所・買い方

※STRATは現在日本円で直接買うことはできません。

国内の取引所でビットコインを購入し、以下の海外取引所で交換することができます。

個人的にはセキュリティ面もしっかりしているBinanceはおすすめです。

STRATを買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. 国内の取引所でビットコインを買う
  2. Binanceにビットコインを送金
  3. ビットコインでSTRATを購入

国内の取引所登録は、セキュリティレベルが高く海外取引所へのビットコイン送金手数料が無料のビットポイント(BITPOINT)がおすすめです。

STRAT(Stratis)の口コミ・評判

STRAT(Stratis)の公式ツイッター

STRAT(Stratis)は買うべき?

STRATですが、実際に買うべき銘柄なのか気になるところですよね。

管理人の独断と偏見で、以下のポイントをチェックした上で買うべきかどうか考察してみました。

STRATの評価

プロダクトの将来性 (5/5)
時価総額の安さ (2/5)
単価の安さ (3/5)
取引所の少なさ (2/5)
コミュニティの人気度 (3/5)
総合評価  (5/5)

既にマイクロソフトとの提携も果たしており、開発力や将来性に期待する事ができるプロジェクトと言えます。

今後のブロックチェーン市場の成長に伴って高騰する可能性があるので、市場の盛り上がりに期待している人は購入すべき通貨と言えるでしょう。




初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所BITPOINT

BITPOINT口座開設

  • レバレッジ取引最大25倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 口座開設キャンペーン実施中!

取引手数料が無料!
お得な取引所bitbank

ビットバンク口座開設

  • 人気のリップルが最安で買える
  • 取引手数料が無料
  • アルトコイン取引におすすめ

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします