仮想通貨の始め方完全マニュアル

仮想通貨DROP(Dropil)とは?特徴や将来性・購入方法や取引所

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 557

仮想通貨「DROP(Dropil/ドロッピル)」に関する特徴や将来性、買うことの出来る取引所や買い方について紹介しています。

DROP(Dropil)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。




人気沸騰中の取引所ピックアップ!
BITPOINT 公式HP
送金手数料無料で登録者急増中!
上場企業運営で安心のセキュリティ!
口座開設+入金で3000円相当のBTCプレゼント!
GMOコイン 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!

DROP(Dropil)とは

DROP(Dropil)は仮想通貨トレーダー向けに開発された、ローリスクハイリターンな投資レポートを作成するスマートトレードプラットフォームです。

DROPが提供するトレードシステム「Dex」は、全て独自設計されており、自動的な投資戦略に基づいて安全に収益を増やしながら取引出来るように作られています。

DROPの特徴は以下の通りです。

  • スマートトレードプラットフォーム
  • モニターに張り付かなくても自動売買
  • アービトラージに強い

Dexは自動売買ボットのように命令されたプログラムを一定間隔で繰り返すものと違い、全て自律したシステムで最適化されたロジックに則って取引を行います。

複数の投資戦略・ロジックが組み込まれており、ユーザーがパソコンに張り付いていなくても24時間取引を行ってくれます。

Dexの自動取引機能

Dexは2017年に主要なアルゴリズムを完成しており、独自の投資戦略に基づいて自動取引を行ってくれます。

すでに海外の主要な取引所に基づいて最適化されており、収益を最大化出来るように設計されています。

相場が不安定な局面でもリスクに応じて資産を安全にプール出来るように動くため、リスクを最小限に抑えつつ利益を得ることが出来ます。

アービトラージ分析も可能

Dexには「Arthur」と呼ばれるアービトラージ分析機能が搭載されており、BinanceやBittrexなど海外の13ヶ所以上の主要な取引所を常時監視しています。

価格差異を常にチェック可能でアラートをメールやテレグラムで受け取ることも出来るので手動でのアビトラにもとても便利です。

更にプレミアム機能では以下の機能を実現する予定です。

  • SMS通知
  • アラートの個別カスタマイズ
  • 自動取引のためのAPI発行

DROP(Dropil)の基本情報

通貨名 DROP
公開日 2018年3月
最大発行枚数 300億枚
公式サイト https://dropil.com/

DROP(Dropil)の将来性・今後

トレードシステムの普及

トレードシステムの多くは人目につかないまま埋もれていってしまうのがほとんどです。

その理由はトレードシステムに依存する人の多くが投資初心者で、「これ使えば絶対に勝てる」といった思い込みで使う人が多いためです。

残念ながら投資の世界で相場を100%当てられるツールなどは存在せず、いつでも未来は予測不可能です。

しかし、Dexを使用することでその予測精度を少しでも上げたり、プロが使用しているロジックを使用すれば勝率を少しでも上げることは可能です。

トレードシステムとしていかに利用者を満足させられるかが大きな課題になるでしょう。

利用ユーザーを拡大出来るか

ロジックの最適化や利便性の向上を進めるためには、開発スピードの高さも重要ですが、利用ユーザーの拡大も大事です。

ユーザーが増えることで投資戦略のパターンを増やすことも出来ますし、多く利用されているツールは口コミで更に人が集まるようになっています。

プラットフォームを提供する側としてどれだけ利用するユーザーが増やせるかは、DROPの価値にも大きくつながってくるでしょう。

ロードマップ

  • 2018年4月:広範なテストとセキュリティの改善
  • 2018年5月:DEX 2.0
  • 2018年6月:新しいInsightダッシュボードがリリース
  • 2018年8月:ARTHUR 2.0リリース
  • 2018年9月:TRUWHOパートナーシップ/ KYC検証、すべてのDropilユーザーに楽しい新製品をリリース
  • 2018年11月:MAX UNIVERSAL SMART WALLET、定期的な公開買戻しプログラムの開始
  • 2018年12月:新しい取引所および商品ストア
  • 2019年Q1:DROPIL EXCHANGE、モバイルアプリケーション
  • 2019年Q3:市場分析/アドバイザーサービス

DROP(Dropil)の取引所・買い方

※DROPは現在日本円で直接買うことはできません。

国内の取引所でビットコインを購入し、以下の海外取引所で交換することができます。

DROPを買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. 国内の取引所でビットコインを買う
  2. IDAXにビットコインを送金
  3. ビットコインでDROPを購入

国内の取引所登録は、セキュリティレベルが高く海外取引所へのビットコイン送金手数料が無料のビットポイント(BITPOINT)がおすすめです。

DROP(Dropil)の口コミ・評判

DROP(Dropil)の公式ツイッター

DROP(Dropil)は買うべき?

DROPですが、実際に買うべき銘柄なのか気になるところですよね。

管理人の独断と偏見で、以下のポイントをチェックした上で買うべきかどうか考察してみました。

DROPの評価

プロダクトの将来性 (3/5)
時価総額の安さ (2/5)
単価の安さ (3/5)
取引所の少なさ (4/5)
コミュニティの人気度 (2/5)
総合評価  (3/5)

今後仮想通貨市場が盛り上がればトレードツール市場にも大きな注目が集まることが予想されます。

DROPがどれだけ価値を上げるかは、プラットフォームの普及や利用するユーザーの拡大にかかっていると言えるでしょう。




初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所BITPOINT

BITPOINT口座開設

  • レバレッジ取引最大25倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

Zaifの新しい譲渡先
安全な取引所FISCO

フィスコ仮想通貨取引所 口座開設プロモーション

  • JASDAQ上場会社運営の取引所
  • 取引手数料が0.1%
  • 高機能なチャートとセキュリティ

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします