仮想通貨の始め方完全マニュアル

LINEの仮想通貨LINKとは?特徴や将来性・購入方法や取引所

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 530

LINEが発行している仮想通貨「LINK(リンク)」に関する特徴や将来性、買うことの出来る取引所や買い方について紹介しています。

LINK(リンク)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。




LINK(リンク)とは

LINK(リンク)は2018年8月31日に発表された株式会社LINEが発行する仮想通貨です。

LINEは「LINE Token Economy」構想を発表し、独自に開発したブロックチェーンネットワーク「LINK Chain」を基盤(メインネット)とした「LINKエコシステム」を公開しました。

LINKには2種類あり、「LINKエコシステム」内で利用できる汎用コイン「LINK Point(日本向け)」「LINK(海外向け)」に分かれています。

LINKの特徴は以下の通りです。

  • LINEが発行している仮想通貨
  • 通貨には日本向けと海外向けの2種類がある
  • DappsやLINEとの親和性がある

「LINE Token Economy」構想は、LINEが独自に開発したブロックチェーン技術を活用することで、サービス提供者とユーザーの関係をよりフラットにし、ともに成長していくことができる共創関係の構築を目指すトークンエコノミー構想です。
【コーポレート】「LINE Token Economy」構想を発表。

インターネットの普及が広がるにつれて自由にコンテンツを受け取れる時代になりました。

それに合わせてユーザーもSNSやレビューサイトなどで積極的にコンテンツを生み出す生産者となりサービスの成長に大きく貢献しています。

そういったユーザーに対して今までは特に報酬などなく、ユーザーの自主性や話題性に依存している側面がありました。

そこで、ブロックチェーンの仕組みや「Dapps(分散型アプリケーション)」を取り入れることで、適切な報酬を還元する仕組みづくりを目指してLINKが生まれました。

LINKの基本情報

  • 概要:「LINE Token Economy」において利用可能な汎用コイン
  • URL:link.network
  • 発行方式:LINEが提供する各dAppサービスのユーザーへのインセンティブとして付与
  • 発行元:LINE Tech Plus株式会社
  • 単位:基本単位はLINK(1 LINK=1,000,000 cony)、LINK point
  • 総発行枚数:LINK Point・LINKは、合わせて総数10億枚が発行※

※このうち8億枚は「LINK エコシステム」に参加するサービス毎に設けられた報酬ポリシーに従って分配する予定。残りの2億個は予備として発行元(LINE Tech Plus株式会社)にて管理されます。

LINKの将来性・今後

2種類の仮想通貨について

独自に開発したブロックチェーンネットワーク「LINK Chain」を基盤(メインネット)にし、そこに分散型アプリケーション「dApp」サービスが参加することで、汎用コイン「LINK Point(日本向け)」と「LINK(海外向け)」を利用することができる「LINKエコシステム」」を公開いたしました。

日本向けと海外向けが分かれている大きな理由は日本の法律や金融庁が壁となっている部分が大きな理由だと思われます。

日本の取引所に上場する場合、厳しい審査と通貨のホワイトリスト登録、セキュリティの厳重化などの高いハードルが求められます。

そのため、日本ユーザーが断トツで多いLINEでも日本の法律を避けるために自社運営の取引所「BITBOX」は日本人の登録が不可能となっています。

今回発行する通貨が2種類に分かれている点も金融庁、法律対策でしょう。

海外向けのLINKは取引所で売買する取引所トークンのような扱いとなり、日本向けのLINK Pointは「dApp」サービスや今後参加を計画している既存のLINEサービスを利用することで配布されるようです。

LINK Pointは「LINEポイント」に交換して利用することが可能です。

「LINEポイント」は、1ポイント=1円として、LINE Payでの決済やLINEサービスでの購入・決済時に使用することが出来ます。

日本人からの信頼性の高さ

LINEといえば日本人では90%以上の人が利用している最大手のチャットサービスでその名前を知らない人はいないぐらい身近な存在になっています。

現在は仮想通貨市場に関心のない人はLINEが仮想通貨事業を始めていることを知らない人が殆どかもしれません。

しかし、今後LINEがLINKをはじめ取引所の日本人解禁・プロモーションなどを積極的に行えるようになれば、多くの日本人から期待と注目を集める事が予想されます。

認知度の高さを生かして通貨の価値向上だけでなく市場のイメージ回復にも繋がる可能性がありそうですね。

LINKの購入方法・取引所

LINE運営の取引所「BITBOX」で取扱予定

「LINK(海外向け)」はLINEが運営する仮想通貨取引所「BITBOX」に2018年9月以降上場する予定となっています。

BITBOXは現在日本人が登録不可能になっており、海外向けのLINKについても手に入れる方法は現時点でありません。

「LINK(海外向け)」は今後LINEよりリリースされるDappsサービス上でインセンティブとして獲得して自由に売買する事ができるようになる予定です。

また9月4日より、「BITBOX」上での取引に応じて「LINK(海外向け)」を無償配布する予定です。

取引マイニングのような仕組みを実施する予定なのかもしれませんね。

LINKの評判・口コミ

https://twitter.com/necronomicon256/status/1035491953654161408




初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所BITPOINT

BITPOINT口座開設

  • レバレッジ取引最大25倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 口座開設キャンペーン実施中!

取引手数料が無料!
お得な取引所bitbank

ビットバンク口座開設

  • 人気のリップルが最安で買える
  • 取引手数料が無料
  • アルトコイン取引におすすめ

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします