仮想通貨の始め方完全マニュアル

仮想通貨STORJ(SJCX/ストレージ)とは?特徴や将来性・日本の取引所での買い方

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 1124

仮想通貨「STORJ(SJCX/ストレージ)」に関する特徴や将来性、取引所での買い方、対応ウォレットと保管方法について紹介しています。

STORJ(SJCX/ストレージ)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。

【重要】Zaifで取引されているSJCX(ストレージコインエックス)はすでにSTORJとのスワップ(交換)を終了しており、価値がゼロになる可能性の高いトークンとなっています。

スワップ後のトークン「STORJ」は海外取引所で購入することが出来ます。




人気沸騰中の取引所ピックアップ!
BITPOINT公式HP
送金手数料無料で登録者急増中!
上場企業運営で安心のセキュリティ!
口座開設+取引で3000円分のBTCプレゼント!
GMOコイン公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!
取引で最大10000円ゲットのチャンス!

STORJ(SJCX/ストレージ)とは

Storj(ストレージ)は2014年8月にカウンターパーティ(XCP)から誕生したICOプロジェクトです。

P2Pとブロックチェーンシステムを利用したクラウドストレージを提供するプラットフォームを提供します。

以前はSJCX(ストレージコインエックス)という名前でしたが、ブロックチェーンをビットコインからイーサリアムに移行したことで「STORJ(ストレージ)」という名前になりました。

この通貨は、サービスを利用する際に使用することが出来ます。

STORJの特徴

  • 安定性の高いクラウドストレージ
  • 安価で安全なプラットフォーム
  • 暗号化されプライバシー保護される

ストレージとはデータを保管するスペースを指す言葉で、クラウドとはネット上を指します。

「クラウドストレージ」とはオンライン上のデータを保管する場所を指します。

みなさんも普段スマホで写真や動画を保存しているとどうしても気になるのが容量の問題ですよね。

現在もDropboxやGoogle Driveなど多くのクラウドストレージサービスがあり、データの保管場所として多くのユーザーに利用されています。

しかし、これらのサービスは特定の企業によって管理されており”中央集権化”されているためプライバシーなどの問題があります。

2017年にはGoogle Driveの中身がGoogleによって検閲されていることが分かり、特定の企業が提供しているサービスに情報を預ける危険性が認知されました。

情報を分散・暗号化して管理する

STORJは現状のクラウドストレージサービスの欠点を見直し、欠けている安定性、プライバシー、透明性を改善して提供することを目指しているオープンソースのクラウドプラットフォームです。

クラウドストレージサービスを提供する上で、ブロックチェーンの分散型と暗号化技術はとても重要になります。

このサービスの中にアップロードしたファイルは暗号化と細断化されて、世界中のネットワークで分散され安全に保管されます。

特定の誰かがデータセンターに情報を保持している形ではないため、維持コストも安く、高速なネットワークでアップロード・ダウンロードすることが可能になっています。

ブロックチェーンによる安全なクラウドストレージを提供し、利用料金の安さが大きなメリットとなります。

具体的には既存のクラウドストレージの1/4程度の価格で提供しており、料金は使った分だけ徴収されます。

余った容量を貸し出すことも可能

Strojのユニークなポイントは余ったストレージ(容量)を他人に貸し出すことで、STORJトークンを手に入れることができる点です。

もちろんデータを預けるスペースを共有するわけではないので、誰かにあなたの預けたファイルが覗かれたり、覗けるといったことはありません。

あくまでも利用している一部の容量を使う権利を渡すもので、情報漏えいなどの心配はありません。

もし予想外に容量が余ってしまった場合でも、それを利用してトークンを稼いで取引所で売買する事ができるので、無駄なくサービスを利用する事ができます。

STORJ(SJCX/ストレージ)の基本情報

通貨名SJCX
公開日2014年8月
発行枚数5億枚
公式サイトhttp://storj.io/
ホワイトペーパーこちら

STORJ(SJCX/ストレージ)のチャート



2014年8月にICOを行い、目標の9,800BTC(当時のレートで約5億円)に全く届かず910BTC(約4500万円)しか資金調達出来ずスタートしました。

2017年5月に行った2度目のセールでは開発内容やプロジェクト目標を明確したことで目標資金調達額に到達しました。

2017年7月に取引所上場を果たし、当時は1枚あたり55円前後で取引されていましたが、2017年末の仮想通貨バブルで最高値180円まで到達しました。

バブルの中でも暴騰率は低くなっていますが、その後も100円前後の堅調な価格を維持しており、安定感のある通貨と言えるでしょう。

STORJ(SJCX/ストレージ)の将来性・今後

スマホの普及でニーズが増えていく

ここ数年間で私たちは加速的にパソコンやインターネットに触れる機会が増えました。

スマートフォンなども持っているのが当たり前の時代になり、毎日のように写真や動画が撮影されています。

それに伴い、容量がいっぱいになるという問題が頻繁に起きています。

一昔前に比べると、1TB(1000GB)のハードディスクの値段も安くなり、小さいスペースで大容量のデータを管理できるようになりましたが、それでも容量不足問題はずっとつきまとっています。

今の一般的なスマホは64GB~256GBの容量が普通です。

ここで各ファイルのデータ容量の平均を見てみましょう。

  • 写真:300KB~1MB
  • 音楽:5~10MB
  • 動画(3分):50~100MB
  • 映画:500MB~1GB

こうしてみると1つ1つはそうでもありませんが、高画質な画像を何枚も保存していたり、毎日のように動画を取っているとすぐ容量は満タンになります。

デジタル技術が発展しハードディスクの容量が増えても、便利になればなるほど人間の欲望は増えていくばかりです。

そうなれば、今後も1TBあたりの価格は下がっても「ストレージ(容量)が欲しい」というニーズはどんどん増えていくと思います。

そういった意味でStorjの価格の安さは学生でも受け入れやすい値段だと思います。

既存クラウドストレージとの比較

価格の安さが魅力の「STORJ」が大手クラウドストレージサービスと比較してどれぐらいやすいのか比べてみました。

サービス月額料金
Dropbox~2GB:無料
1TB~:1000円/月
Google Drive~15GB:無料
100GB~:250円/月
1TB~:1,300円/月
STORJ1GBあたり:1.65円/月
1TBの場合:1,650円/月
1GBダウンロード時5円
(残量は貸出可能)

1TBまで使用した場合はDropboxが一番安く、無料で使える料金はGoogle Driveが最安のようですね。

しかし、STORJの場合柔軟に使用する容量を変更可能で余った容量は貸し出してトークンを稼ぐことも出来ます。

その他のクラウドストレージサービスでは月額契約した場合、1GBしか利用していなくても満額が請求されるのでそういった柔軟性では一番優秀なサービスと言えますね。

日本の取引所で購入できるが…

現在STORJのスワップ以前のトークン「SJC」は国内取引所のザイフで購入することが出来ます。

そのため、時価総額に関係のある好材料が出ればすぐに日本マネーが入る基盤が出来ているので、高騰するときはすぐに価格が上昇するでしょう。

しかし、ザイフで取り扱っているのはスワップ前の「SJCX」となっており、このままでは交換できずに無価値のトークンとなる可能性は高いので注意して下さい。

STORJ(SJCX/ストレージ)の取引所・買い方

【重要】Zaifで取引されているSJCX(ストレージコインエックス)はすでにSTORJとのスワップ(交換)を終了しており、価値がゼロになる可能性の高いトークンとなっています。

現在稼働している「STORJ」トークンを購入するためには以下の海外取引所を利用して下さい。

個人的にはセキュリティ面もしっかりしているBinanceはおすすめです。

STORJを買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. 国内の取引所でビットコインを買う
  2. Binanceにビットコインを送金
  3. ビットコインでSTORJを購入

国内の取引所登録は、セキュリティレベルが高く海外取引所へのビットコイン送金手数料が無料のビットポイント(BITPOINT)がおすすめです。

STORJ(SJCX/ストレージ)の口コミ・評判

STORJ(SJCX/ストレージ)の公式ツイッター

STORJ(SJCX/ストレージ)のウォレット・保管方法

STORJ(SJCX/ストレージ)は下記の既存のウォレットを使用して保管しておくことをおすすめします。

(取引所に預けたままにしておくとハッキングによって失う可能性があります)

TREZOR(トレザー)

「TREZOR(トレザー)」は仮想通貨のハードウォレットの一つです。タッチパネルに対応しており、日本語マニュアルなども充実しており初心者におすすめです。

PCを持っていなくても仮想通貨を持ち歩くことが可能になっており、国内の主要通貨を始め、500種類以上の幅広い通貨に対応しています。

【TREZOR】「トレザー」とは?特徴や使い方メリット・購入方法を徹底解説 | ハードウェアウォレット
オフラインで仮想通貨を安全に保管できるハードウォレット「TREZOR(トレザー)」特徴や使い方、...

My Ether Wallet

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)とはイーサリアム(ETH)イーサリアムクラシック(ETC)を含む、ICOなどで発行されているERC系トークンを保管出来る無料のデスクトップウォレットになります。

秘密鍵を自身で管理する必要があるので、パソコンなどがハッキングされない限りは安全に管理する事が出来ます。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の登録方法とログイン手順 | 送金や入金の使い方を徹底解説
イーサリアム(ETH)やカスタムトークンを管理することの出来るウェブウォレット「MyEtherW...

STORJ(SJCX/ストレージ)は買うべき?

STORJですが、実際に買うべき銘柄なのか気になるところですよね。

管理人の独断と偏見で、以下のポイントをチェックした上で買うべきかどうか考察してみました。

STORJの評価

プロダクトの将来性(4/5)
時価総額の安さ(2/5)
単価の安さ(4/5)
取引所の少なさ(2/5)
コミュニティの人気度(3/5)
総合評価 (4/5)

ストレージ関連サービスはSCなどが競合として存在しますが、既にサービスがスタートしている、利用ユーザーが多いという点で知名度の高さで勝っています。

今後はデジタル産業の発展とともに、ストレージ業界に革命をもたらすサービスとして大きく育っていく可能性が高いです。

競合となるプロジェクトSC(Siacoin)についてはこちらの記事を参考にしてください。

仮想通貨SC(Siacoin)とは?特徴や将来性・購入方法や取引所
格安のクラウドストレージサービスを展開する仮想通貨「SC(Siacoin/シアコイン)」に関する...



初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所BITPOINT

BITPOINT口座開設

  • レバレッジ取引最大25倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

Zaifの新しい譲渡先
安全な取引所FISCO

フィスコ仮想通貨取引所 口座開設プロモーション

  • JASDAQ上場会社運営の取引所
  • 取引手数料が0.1%
  • 高機能なチャートとセキュリティ

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします