仮想通貨の始め方完全マニュアル

仮想通貨HC(Hshare/Hcash)とは?特徴や将来性・購入方法や取引所

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 826

仮想通貨「HC(HRC/Hshare/Hcash)」に関する特徴や将来性、買うことの出来る取引所や買い方について紹介しています。

HC(Hshare/Hcash)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。




HC(Hshare/Hcash)とは

Hshare(HSR)は2017年に公開され、今後開発される同プロジェクト「Hcash」という仮想通貨と交換する事ができる特徴を持ったトークンです。

2018年に公開された「Hcash」と1:1の比率で交換する事ができるようになり、ADKIOTAも搭載している高速処理システム「DAG」やを搭載している通貨として注目を集めました。

またゼロ知識証明による匿名機能など先進的な技術も多く盛り込まれています。

HC(Hshare/Hcash)の特徴は以下の通りです。

  • Hcashという通貨と交換出来る
  • DAGを採用している
  • 異なる仮想通貨と互換性を持つ

今までの仮想通貨は異なるシステムを持つ通貨同士では互換性がなく、同じブロックチェーンを採用していてもそれぞれ別のネットワークで稼働しています。

Hshareではこれを解決するために、互換性のあるサイドチェーンを設計したデュアルサイドチェーンシステムを搭載しています。

これを使用することで全ての仮想通貨との互換性や無制限の情報交換をすることが可能になっています。

承認アルゴリズムにはPoW+PoSのオープンガバナンスを使用しており、安全性にも優れています。

ブロックチェーンと異なる高速送金技術DAG

先述したとおり、HCのブロックレスシステムでは従来の仮想通貨とは大きく異なりブロックチェーン技術を採用していません。

その代わりにIOTAByteBallで使われている「DAG」という技術を使用しています。

ブロックチェーンが一連の鎖のように繋がっている構造だとすれば、DAGはメッシュ(網目)状の構造になっているのが特徴です。

このような作りにすることで、網を伝って情報を高速で伝えられるので送金スピードが早く、取引量が増えても安定した送金が可能になります。

スケーラビリティにも強い通貨と言われており、少額の取引を大量にするような日常使用も問題なく使うことが出来ます。

利用者が増えても送金スピードが変わらない点は、今後仮想通貨が普及する上で大きなメリットになりそうですね。

ゼロ知識証明とは

ゼロ知識証明とは匿名通貨である「ZEC(ジーキャッシュ)」で採用された仕組みです。

「この取引は安全です」という本人以外の情報を必要とせずに取引を完了することが出来ます。

通常、匿名機能を持たない通貨の取引では、複数人の承認が行われることによって取引の安全性が確認されて決済が完了します。

安全性の担保の代わりに、第三者にも取引を知られてしまうというデメリットがあります。

Hcashでは本人のみの情報だけで送金や取引が出来るので完全非公開状態で取引が完了します

HC(Hshare/Hcash)の基本情報

通貨名 HC
公開日 2017年4月
最大発行枚数 8400万枚
公式サイト https://h.cash/
ホワイトペーパー こちら

HC(Hshare/Hcash)のチャート



HC(Hshare/Hcash)の将来性・今後

プラットフォームとして中心的な役割を持つ

HCの最大の特徴はすべての通貨との互換性を持つプラットフォームと「デュアルサイドチェーンシステム」です。

これを活用することで別の通貨との交換や、機能のつなぎこみなどの架け橋となる役割を果たすことが出来るようになります。

仮想通貨は現在1000種類以上あるため、これら全てを組み合わせて活用できる可能性を秘めているHCには大きな将来性があると言えます。

開発に遅れが生じていた

ホワイトペーパーでは2018年2月にHshareはHcashをリリースすることを表明していましたが、開発に遅れが生じていることを発表しました。

複数の特徴的な機能を搭載しているため「ある程度は仕方ない」と感じるか、「ロードマップに遅れが生じているのは計画性がない」と判断するかは人によって意見が分かれそうです。

しかし、支払いサービス「Hyper pay」のHcash対応なども並行で進めており、普及のためのベース作りはしっかりと進めているようです。

ウォレットがリリース済み

Hcashではすでに専用の独自ウォレットをリリースしており、コールドウォレットとして通貨を保存することが出来ます。

ウォレットアプリも使いやすくTouchIDやマイニング機能なども搭載しており直感的に使えるデザインが魅力的です。

大手取引所に上場済み

HC(Hshare/Hcash)は既に全世界取引高トップクラスの「Binance」や「Huobi」などに上場しています。

そのため、現時点での認知度はとても高く、その他の仮想通貨と同じように投資家の期待を集めています。

流動性も高くなっているため「買いやすい」という点において優れているといえます。

ロードマップ

  • 2018年7月:HCメインチェーン改善、RC2オープンβ
  • 2018年8月:HCメインチェーンの性能向上
  • 2018年9月:HC/HCスワップ開始
  • 2019年1月:キックオフHAILプロトコル開発
  • 2019年2月:完全なHAILプロトコル開発
  • 2019年3月:コミュニティの自治的管理プロトコル機能の自動展開のための完全な開発
  • 2019年4月:シャーディング技術開発

HC(Hshare/Hcash)の取引所・買い方

※HCは現在日本円で直接買うことはできません。

国内の取引所でビットコインを購入し、以下の海外取引所で交換することができます。

個人的にはセキュリティ面もしっかりしているBinanceはおすすめです。

HCを買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. 国内の取引所でビットコインを買う
  2. Binanceにビットコインを送金
  3. ビットコインでHCを購入

国内の取引所登録は、セキュリティレベルが高く海外取引所へのビットコイン送金手数料が無料のビットポイント(BITPOINT)がおすすめです。

HC(Hshare/Hcash)の口コミ・評判

HC(Hshare/Hcash)の公式ツイッター

HC(Hshare/Hcash)は買うべき?

HCですが、実際に買うべき銘柄なのか気になるところですよね。

管理人の独断と偏見で、以下のポイントをチェックした上で買うべきかどうか考察してみました。

HCの評価

プロダクトの将来性 (4/5)
時価総額の安さ (2/5)
単価の安さ (2/5)
取引所の少なさ (1/5)
コミュニティの人気度 (3/5)
総合評価  (4/5)

通貨としての機能性の高さや互換性が優秀でDAGや匿名機能など、仮想通貨の最新技術をふんだんに盛り込んでいる通貨として将来性が期待できます。

特に互換性があることで今後多くの仮想通貨の架け橋的な役割になることで、プラットフォームとして中心となる可能性もあり今後の成長が楽しみです。

多くの通貨と互換性を持つ「ZIP(Zipper)」もおすすめです。

仮想通貨ZIP(Zipper)とは?特徴や将来性・購入方法や取引所
仮想通貨「ZIP(Zipper/ジッパー)」に関する特徴や将来性、買うことの出来る取引所や買い方...



初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所BITPOINT

BITPOINT口座開設

  • レバレッジ取引最大25倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 口座開設キャンペーン実施中!

取引手数料が無料!
お得な取引所bitbank

ビットバンク口座開設

  • 人気のリップルが最安で買える
  • 取引手数料が無料
  • アルトコイン取引におすすめ

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします