仮想通貨の始め方完全マニュアル

仮想通貨CAPP(Cappasity)とは?特徴や将来性・購入方法や取引所

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 658

AR・VRのプラットフォームを作るICOプロジェクト「Cappasity(CAPP/キャパシティ)」に関する特徴や将来性、買うことの出来る取引所や買い方について紹介しています。

Cappasity(CAPP)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。

ICOってそもそも何?という人はこちらの記事を参考にしてください。

ICOとは?仮想通貨とトークンの違いやメリット・ICO詐欺に騙されないための注意点
ビットコインや仮想通貨に関するニュースを見ていると、たびたび「ICO」という言葉が目に入ると思い...



人気沸騰中の取引所ピックアップ!
BITPOINT公式HP
送金手数料無料で登録者急増中!
上場企業運営で安心のセキュリティ!
口座開設+取引で3000円分のBTCプレゼント!
GMOコイン公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!
取引で最大10000円ゲットのチャンス!

CAPPとは

Cappasity(CAPP)とはAR/VRのプラットフォームを作成し、3Dコンテンツの制作をするクリエイターと企業を繋げるプロジェクトです。

主に以下のような目標を掲げています。

  • 3Dコンテンツを制作、レンタル、販売するブロックチェーンを使用したプラットフォーム作成
  • AR/VRシステム内の著作権を保護する
  • AR/VR/3Dコンテンツを交換するデジタル決済手段

現在成長市場でもあるAR/VR事業は将来的に数兆円規模になると言われているものの、企業が参入するには3Dモデルの製作者やコンテンツの管理などの敷居が高いと言われています。

そのため、個人などで3Dコンテンツを作成しているクリエイターが企業に対してレンタル、販売出来るプラットフォームをブロックチェーン技術により作成し、3D関連ビジネスの拡大を目指しています。

こちらはCAPPエコシステムのイメージ図になります。

このシステム内には、購入を起業する企業や個人、3Dモデルを作成するクリエイターによって構成されています。

サンドボックスというテスト環境も提供され、開発を活発にしているコミュニティ貢献者はトークン配布などによってサポートすることが出来ます。

クリエイターにとって開発しやすい、サポートが受けられる、著作権保護に配慮されている、自由な販売が可能というメリットがあるため、とてもありがたいですね。

また動画でも分かる通り、ARはEコマース分野でも相性がよく、独自開発ノ3Dカメラを使用することで、撮影した商品を自動的に3Dモデル化することが出来ます。

ECサイト運営者はそれらを自サイトに掲載することで、消費者は自宅にいながら商品を手に取るようにあらゆる角度から見ることが出来ます。

CAPPの基本情報

通貨名CAPP
公開日2017年
アルゴリズムPOW/PoS
最大発行枚数7,000,000,000
公式サイトhttps://artoken.io
ホワイトペーパーこちら

CAPPの将来性・今後

AR・VR市場は育っていく市場

AR/VR市場は2025年まで育っていく市場だとホワイトペーパーにも記載されており、将来的に800億ドル規模まで成長すると言われています。

現在はまだ一部のアーリーアダプターしか恩恵を受けていませんが、将来的には3Dは身近な存在となり、様々なものが3Dプリンターを通して製造される可能性があります。

すぐに高騰する可能性は低いかもしれませんが、5年後10年後が楽しみな市場です。

3Dカメラをインテルと共同開発

3Dカメラ用の3Dスキャニングソフトをインテルと共同開発しており、既にビジネスパートナーとして協力関係にあります。

技術的課題の多い3D分野ですが、バックボーンにインテルがついているのはかなり信頼感の部分で大きいですね!

有名大企業と提携済み

ルイヴィトンなど海外でも超有名一流企業と既に事業提携を果たしており、その信頼度と技術力の高さが伺えます。

どのような形で3Dコンテンツプラットフォームで打ち出していくのかはまだわかりませんが、ICOの段階でここまで事業提携を果たしているのはCAPPぐらいでしょう。

2018年のロードマップを公開している

  • 2018Q1:モバイル3DキャプチャSDK、3Dビュー・ホログラム
  • 2018Q2:コンテンツマーケットプレイス、ARKit統合、CMS統合
  • 2018Q3:無料のアバタースキャナ、AR/VRのRemeshingソリューション、3Dプリンターのための再メッシュ化機能
  • 2018Q4:ストレージ開発、3Dキャプチャ、3D測定ソリューション、3Dコンテンツ検索エンジン

3Dコンテンツ作成者には嬉しい機能が並んでいるのかなと思います。

プラットフォーム開発に注力していく姿勢がみられ、今後のAR/VR業界を牽引していく期待ができますね。

CAPPの取引所・買い方

※CAPPは現在日本円で直接買うことはできません。

国内の取引所でビットコインを購入し、以下の海外取引所で交換することができます。

個人的にはセキュリティ面もしっかりしているCryptopia(クリプトピア)はおすすめです。

CAPPを買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. 国内の取引所でビットコインを買う
  2. Cryptopiaにビットコインを送金
  3. ビットコインでPACを購入

国内の取引所登録は、セキュリティレベルが高く海外取引所へのビットコイン送金手数料が無料のビットポイント(BITPOINT)がおすすめです。

CAPPの口コミ・評判

CAPPの公式ツイッター

CAPPは買うべき?

CAPPですが、実際に買うべき銘柄なのか気になるところですよね。

管理人の独断と偏見で、以下のポイントをチェックした上で買うべきかどうか考察してみました。

CAPPの評価

プロダクトの将来性(5/5)
時価総額の安さ(3/5)
単価の安さ(4/5)
取引所の少なさ(4/5)
コミュニティの人気度(3/5)
総合評価 (4/5)

CAPPのプロジェクトには事業提携を含めて期待しかありませんが、弱点なのはマーケティング力の低さです。

そのため、ICO時点でもなかなか資金調達が完了していないため、インテルをビジネスパートナーとしてる部分やAR/VR市場の将来的な期待感の高さでは右肩上がりになる予想歯科ありません。

認知度はまだまだ低いので、国内でも盛り上げていけたらいいですね。




初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所BITPOINT

BITPOINT口座開設

  • レバレッジ取引最大25倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

Zaifの新しい譲渡先
安全な取引所FISCO

フィスコ仮想通貨取引所 口座開設プロモーション

  • JASDAQ上場会社運営の取引所
  • 取引手数料が0.1%
  • 高機能なチャートとセキュリティ

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします