不労所得ゲット!ほったらかし投資12選

【Liquid】リキッドの登録方法と使い方 | 入金・出金・取引のやり方完全ガイド!

よろしければシェアをお願いします

国内の仮想通貨取引所のLiquid(リキッド)の新規登録・口座開設やアカウント作成に必要な本人確認、二段階認証の設定や入金、出金の手順をまとめました。取引のやり方なども画像付きで初心者に分かりやすく解説しています。

Liquid(リキッド)の魅力は日本人から人気の高いXRP(リップル)やQASH(キャッシュ)を取り扱っている点です。

取引手数料がなんと無料になっており、仮想通貨FXでは最大4倍のレバレッジをかけて取引することが出来ます。

※2018年9月にQUOINEX(コインエクスチェンジ)から「Liquid(リキッド)」に名前が変更になりました。

Liquidを簡単にまとめると…

  • スプレッド幅が小さくお得
  • 取引手数料が無料
  • リップルやQASHが買える

Liquidの取扱通貨一覧

国内の取引所なのでもちろん日本円で仮想通貨を買うことが出来るため、仮想通貨を今から始める初心者におすすめの取引所です。

人気の通貨の買い方の手順はこちらを参考にして下さい。

登録するかまだ迷っている方はこちらの口コミや評判も参考にしてみてください。

Liquid(リキッド)の評判と特徴は?手数料や安全性・基本情報を徹底解説
国内の仮想通貨取引所「Liquid(リキッド)」の特徴や手数料、安全性、メリット・デメリット、口...

すぐに登録手順までスキップしたい方はこちら




Liquid(リキッド)はどんな取引所?

運営会社 QUOINE株式会社
資本金 約20億円(資本準備金含む)
代表取締役CEO 柏森マイク
設立 2014年
仮想通貨
交換業者登録
関東財務局長
第00002号
取扱通貨 BTC、BCHETH
QASHXRP
セキュリテイ 2段階認証ログイン
コールドウォレット
マルチシグネチャウォレット
現物取引手数料 無料(ETH除く)
先物取引/手数料 なし/なし
信用取引/手数料 レバレッジ最大4倍/0.1%
日本円出金手数料 500円
BTC出金手数料 無料
アルトコイン
出金手数料
無料
入金方法 銀行振込
クイック入金
加入団体 日本資金決済業協会
日本仮想通貨事業者協会
日本ブロックチェーン協会
アプリ Android/iOS

流動性の高い取引プラットフォーム

Liquidでは「ワールドブック」と言われる世界中の取引所の注文を集約する取引プラットフォームを提供しています。

これにより、流動性の高い取引を実現しており、投資家の希望する現在価格により近い価格で約定しやすくなっています。

例えば、特定の取引所の人気の低い通貨を取引しようと思った場合、取引板が薄いせいで欲しい枚数をすぐに購入できない(売れない)という弊害が出てきます。

しかし、世界中の取引所を接続している「ワールドブック」を活用すれば高い流動性を確保出来ます。

お得な手数料体系を実現

Liquidでは各種取引手数料0円を実現しており、お得に取引することが出来ます。

現物取引にかかる手数料は0円で、基本的にかかるのはレバレッジ取引のポジション料金と法定通貨の出金手数料のみです。

仮想通貨の出金手数料も無料なので「ビットコインを購入して海外取引所に送金したい」という方におすすめな取引所です。

Liquid(リキッド)の手数料は高い?他取引所と徹底比較! | 送金・入金・取引手数料
Liquid(リキッド/元QUOINEX)でかかる手数料(送金手数料/取引手数料/出金手数料)を...

使いやすいスマホアプリを提供

Liquid(リキッド)はスマホアプリもiOS/Androidどちらでも配信をしており、ウェブ版と同じ使用感で取引、資産管理どちらも行うことが出来ます。

外出先での仮想通貨の取引や、ポートフォリオアプリとして資産管理することも可能です。

詳しい使い方についてはこちらの記事で解説しています。

Liquid(リキッド)のライト版公式アプリの使い方解説 | 入金方法や取引所マニュアル
国内取引所のLiquid(リキッド)で出ているライト版の公式アプリの使い方や入金方法、取引所での...

国内取引所の手数料比較一覧

ボタンを押すと手数料一覧を見ることが出来ます。

▼手数料一覧はこちら

Liquid(リキッド)の登録方法

まずはこちらから公式サイトにアクセスします。

https://ja.liquid.com

トップページが表示されるので画像の赤枠部分を選択して次に進みます。

居住地の選択

まず居住国の選択をします。

日本の場合はそのまま次に進んで大丈夫です。

個人情報やプロフィール入力

その次にメールアドレス、パスワード、プロフィール情報などを入力します。

この際、携帯用のキャリアメール(@docomo、@ezweb、@softbank)やプロバイダーから配布されるメールアドレスはメールが届かない可能性があるのでおすすめ出来ません。

Googleが提供している「Gmail」かヤフーメールがおすすめです。

上から順にすべて記入を終えたら次に進みます。

最後に利用規約の同意画面に移動します。

利用規約の確認

全て確認し、問題なければ2箇所にチェックを入れて次に進みます。

以上で仮登録が完了になります。

メールアドレスの確認

その後、確認メールが送信されるので登録に使用したメールアドレスの受信ボックスをチェックしてください。

メールを開くと青文字のリンクがあるので、その部分をクリックしてメール認証を完了してください。

メール確認が完了すれば、メールアドレスとパスワードを入力してログインが出来るようになります。

テーマカラーの設定

初回ログイン時には利用するテーマカラーを選ぶことができます。

この設定は後でも変更できるので、今回は青を基調としたブルーで進めていきます。

この時点ではまだ取引はできないため、本人確認に進みます。

本人確認書類の提出

画面右上のメールアドレス部分からマイページに移動出来ます。

「プロフィール&口座開設状況」を押すと、本人確認書類のアップロードができます。

本人確認書類のアップロードでは以下のような書類が使用できます。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード

顔写真がない場合は以下から2点でも大丈夫です。

  • 各種健康保険証
  • 共済組合員証
  • 住民票の写し
  • 住民票記載事項証明書
  • 印鑑登録証明書

アップロードする写真はスマホなどで撮影するか、スキャナーなどでパソコンに取り込んでください。

画像の例を参考に身分証明書の表面、裏面、自分と一緒に撮影した写真をアップロードしてください。

アップロード後は運営側で本人確認書類の審査完了後、確認用のハガキが届きます。

ハガキが到着後、約2営業日で取引や入出金が可能になります。

2段階認証の設定

ハッキング対策のために2段階認証の設定が必須になっています。

右上のメニューから「2段階認証」をクリックします。

その後「2段階認証設定を有効する」をクリックします。

手元にスマホを用意して2段階認証に必要なアプリである「Google Authenticator」を以下からダウンロードしてください。

The app was not found in the store. 🙁
Google Authenticator
Google Authenticator
Developer: Google LLC
Price: Free

  1. QRコードを読み取り
  2. 6桁の認証コードを入力

「Google Authenticator」から右上の新規追加ボタン(プラスマーク)を押し、表示されているQRコードを読み込み、6桁の認証コードが表示されていることを確認してください。

その認証コードを空欄に入力し、ボタンをクリックしてください。

これで2段階認証の設定は完了です。

※二段階認証は一度設定すると設定解除は原則出来ません。スマホの機種変更等で、解除が必要な場合のみ、こちら連絡することで解除出来ます。

Liquid(リキッド)の取引方法

Liquidは上メニューにある「現物取引」を選択することで取引画面に移動することができます。

取引画面の使い方

左側に歩み値、中央にチャートと注文板、右側に取引画面があります。(配置は画面幅によって異なります)

上部のメニューから取引ペアも変更することが可能です。

取引ペアの選択

取引ペアを切り替えるには、左上にある「BTC/JPY」を選択することで変更することが出来ます。

イーサリアムやビットコインキャッシュなどの取引画面もこちらから移動することが出来ます。

今回は日本円でビットコインを購入する「BTC/JPY」のペアを探します。

取引ペア一覧から「JPY」のタブを選択して「BTC」を選択します。

ビットコインの買い方

実際にビットコインを日本円で買う流れで取引画面の使い方を解説します。

取引画面から成行注文で、購入数量を入力しビットコインを購入しましょう。

  1. 「買パネル」を選択
  2. 「成行」を選択
  3. 購入数量を入力
  4. 「買う」を選択

※指値を選択した場合は購入したい金額を入力して下さい。成行と指値の違いについてはこちらの記事を参考にして下さい。

【仮想通貨】「指値」と「成行」注文の違いと特徴・取引方法の手順と使い方
仮想通貨投資を始めたばかりの初心者向けに取引する際に出てくる「指値注文」と「成行注文」取引の違い...

その後、注文確認の画面が表示されるので、内容に間違いがなければ「注文実行」を押して注文完了です。

通貨ごとの詳しい購入手順はこちらを参考にしてください。

資産残高を確認する方法

自分の資産状況(残高)を確認するときはホームから右上の「ウォレット」を押すことで移動することが出来ます。

通貨を購入したあとはここで確認するようにしてください。

Liquid(リキッド)の入金・出金方法

Liquid(リキッド)の入金・出金画面は上メニューの「ウォレット」をクリックすることで移動出来ます。

日本円の入金方法

日本円の入金を行う場合は上メニューの「ウォレット」から「入金」を押して「JPY」を選択します。

  1. 上部の「ウォレット」を選択
  2. 「入金」を選択
  3. 「JPY」を選択

まず銀行口座登録が必須になります。初めて仮想通貨を買う方はこの作業を行ってください。

銀行口座を追加を選択します(何も登録していない場合は次の画像に進んで下さい)

  1. 銀行名を入力
  2. 支店名を入力
  3. 銀行コードを入力(確認サイトはこちら
  4. 口座名義を入力
  5. 口座番号を入力
  6. 振込先口座の確認書類をアップロード※1
  7. 設定を選択

※1振込先口座の確認書類にアップロードする書類は、下記4点の情報が必要です。

  • 銀行名
  • 支店番号
  • 口座番号
  • 口座名義人

キャッシュカードは使用できないので注意して下さい。

  1. 口座名義を選択
  2. 入金金額を入力
  3. 「入金依頼を送信」を選択

その後、振込先の情報が表示されるのでATMやネットバンキング経由などで入金を行ってください。

以上で日本円の入金は完了になります。

(口座登録後確認に時間が必要な場合があります)

Liquid(リキッド)の入金方法を解説! | 振込手数料無料の取引所
仮想通貨取引所「Liquid(リキッド)」の入金方法や、振込手数料(入金手数料)について初心者の...

日本円の出金方法

日本円の入金を行う場合は「JPY」を探して「出金」を選択します。

  1. 上部の「ウォレット」を選択
  2. JPYの「出金」を選択

出金には二段階認証の設定が必須になるので設定を済ませておきましょう。

その後、出金に必要な情報を入力していきます。

  1. 口座名義を選択
  2. 出金金額を入力
  3. 2段階認証コードを入力
  4. 「実行」を選択

出金金額からは出金手数料が差し引かれた金額になるので注意して下さい。

以上で日本円の出金は完了です。

ビットコインの入金方法

こちらはビットコインの入金画面です。

「BTC」の横にある「入金」を選択して移動します。

別の取引所などからビットコインを移動する場合はこちらのアドレスをコピーするかQRコードを読み込んで使用します。

ビットコインの出金・送金方法

ここで紹介しているやり方はBTC(ビットコイン)のものですが、基本的なやり方は通貨の種類が変わっても同じなので、安心して読み進めてください

右上のメニューから「ウォレット」送金する通貨の「出金」を選択します。

「BTC」の横にある「出金」を選択して移動します。

まず送金先のウォレットアドレスを登録するため「BTCアドレスを管理する」を選択します。

その後、BTCアドレスを登録する画面に移動します。

  1. BTCアドレスを入力
  2. 二段階認証コードを入力
  3. BTCアドレスを追加

その後本人確認のため、トークンの文字列が書かれた確認メールが届きます。

赤枠の部分が「確認トークン」の文字列になります。選択してコピー&貼り付けをして下さい。

  1. 確認トークンを貼り付け
  2. 「BTCアドレスを承認する」を選択

その後、送金画面に戻ってBTCアドレス、出金金額、二段階認証コードを入力して送金を実行します。

  1. BTCアドレスを選択
  2. 出金数量を選択
  3. 二段階認証コードを入力
  4. 送信を選択

問題なく出金申請が通れば、送付確認メールが届きます。

以上で出金手続きが完了になります。

バイナンスなど海外取引所に送金する手順はこちらを参考にしてください。

Liquid(リキッド)からバイナンスへの送金・出金方法と手順
世界最大手の海外取引所「Binance(バイナンス)」に国内の仮想通貨取引所「Liquid(リキ...

Liquid(リキッド)のアプリの使い方

Liquid(リキッド)はスマホアプリもiOS/Androidどちらでも配信をしており、ウェブ版と同じ使用感で取引、資産管理どちらも行うことが出来ます。

機能がフルに揃った中級者以上向けの「通常版」と、機能がシンプルな初心者向けの「ライト版」の2種類がリリースされています。

(2018年8月末に通常版の提供は終了しました)

ライト版アプリ(初心者向け)

Android版のダウンロードはこちら

iOS版のダウンロードはこちら

こちらはメイン画面。

取り扱っている仮想通貨のチャート・時価がわかりやすく表示されています。

こちらは取引画面です。

欲しい数量と売買をタップで簡単に行うことが出来るので初心者に方に特におすすめです。

こちらはメニュー画面。

入金や出金だけでなく、ポートフォリオで資産の確認もすることが出来ます。

ウェブ版と比べてみるとわかりやすいですが、基本的にパソコンでできることはスマホアプリでもすることが出来ます

外出時にチャート確認と取引が同時に出来るのはありがたいですね。

こちらでアプリの使い方の解説記事を書いているので参考にして下さい。

Liquid(リキッド)のライト版公式アプリの使い方解説 | 入金方法や取引所マニュアル
国内取引所のLiquid(リキッド)で出ているライト版の公式アプリの使い方や入金方法、取引所での...

Liquidの関連記事一覧

評判・特徴 Liquidの評判と特徴は?
手数料比較 Liquidの手数料を比較
入金・出金方法 Liquidの送金・出金方法
アプリの使い方 Liquidのアプリの使い方
API LiquidのAPIの発行方法



手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所DMM Bitcoin

  • レバレッジ取引最大4倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ

リスク低めで始める
新しい資産運用Funds

Funds(ファンズ)

  • 貸付ファンドに投資出来る
  • ミドルリスク・ミドルリターン
  • 1円から資産運用が始められる

よろしければシェアをお願いします