仮想通貨の始め方完全マニュアル

【3分で分かる】Dapps(分散型アプリケーション)とは?仕組みや事例を分かりやすく徹底解説!

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 1438

仮想通貨の世界でよく目にする「Dapps(分散型アプリケーション)」とは一体何なのでしょうか?

イーサリアムネットワーク上で開発されているブロックチェーンサービスなどでこの文字をよく目にするのではないでしょうか?

今回はDapps(分散型アプリケーション)とは何なのか、どのような仕組みなのか事例を含めて分かりやすく紹介します。




人気沸騰中の取引所ピックアップ!
BITPOINT公式HP
送金手数料無料で登録者急増中!
上場企業運営で安心のセキュリティ!
口座開設+取引で3000円分のBTCプレゼント!
GMOコイン公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!
取引で最大10000円ゲットのチャンス!

Dapps(分散型アプリケーション)とは何か

Dapps(分散型アプリケーション)とは「Decentralized Applications」の略で、非中央集権のアプリケーションを指す言葉です。

  • 分散型=管理者がいない、非中央集権
  • アプリケーション=アプリ、ソフトウェア、サービス

従来のアプリケーションと違い、特定の管理者がいない非中央集権型のアプリケーションなので運用コストや人件費などがかからず革新的な仕組みと言われています。

”分散型”と呼ぶ理由はアプリケーションのネットワークを支えるマイナーたちが世界中に存在しているためそう呼ばれています。

マイナーたちはネットワークを支える役割しか持っていないのでアプリケーションを改ざんしたり、管理する権限は基本的に持っていません。

Dapps(分散型アプリケーション)の定義

Dapps(分散型アプリケーション)は様々な場面で使われている言葉ですが定義が存在しています。

①アプリケーションは、オープンソースであること。オペレーションは自動であり、中央のコントロール主体を持たないこと。トークン、データ、レコード、などにつき、暗号化されて分散化されたブロックチェーンを利用していること。

②アプリケーションは、オープンに流通可能な、暗号トークンを持っていること。アプリケーションの利用に際してトークンを利用すること。参加者には、そのトークンによってリワード(報酬)が支払われること。

③アプリケーションはマーケットやユーザーからの改善要求によりプロトコルを改善していくこと。この改善は、ユーザーのコンセンサスによること。
DAPPS (非中央集権・分散型アプリケーション)とは何か?なぜ重要か?

これら3つの要件を満たすものがDappsと言われています。

この定義に当てはめるとビットコインもDappsと言えます。

最近ではDappsという単語をブロックチェーンゲームや分散型取引所(DEX)などで聞いたことがあるかも知れませんが、そういったサービスだけでなく広義的な意味も理解しておくのが大事です。

他サービスとDappsの違いや特徴

Dappsと他サービスの大きな違いは「特定の管理者がいるかいないか」でしょう。

分散型アプリケーションと言われるように、特定の管理者がいない状態でサービスが成り立つ仕組みを作り上げたことでDappsは近年大きな注目を集めています。

実際、有名なほとんどのサービスやアプリケーションも企業が運営しています。

  • Twitter:Twitter社
  • Youtube:Google
  • メルカリ:株式会社メルカリ

このように特定の企業や組織が管理されているサービスやアプリケーションは全て中央集権型です。

中央集権型の場合、全てを自分たちで管理する必要があります。

  • サービスの開発
  • コンテンツの管理
  • サーバーの管理
  • セキュリティ対策
  • ユーザーのサポート
  • 広報・マーケティング
  • 法務

そのため大きなサービスになるほど企業も大きくなり、部署ごとに分かれてユーザーのサポートやサービスの開発・運営を行うことになります。

しかし、世の中に誕生するサービスの多くは1人もしくは数人でスタートすることが多く、全ての人員を集める事は不可能です。

人が多くなるほど人件費もかかり、サービスの開発以外のコストが発生してしまいます。

特にサーバー開発やセキュリティ対策などは有名な企業ほど、多くのハッカーから狙われるため、会社の信用を守るためにも慎重に扱わなければなりません。

このように中央集権型の場合、全てを自由に管理出来る反面相応の知識、技術、責任などが発生します。

一方、非中央集権型のDappsの場合はどうでしょう。

アプリケーションはブロックチェーン上で自動的に動作し、セキュリティも最高レベルのものなので、運用コストが実質ゼロで運営することができます。

特に大きな違いはサーバーの運用コストが無くなる点でしょう。

中央集権型ではサービスの規模に合わせてサーバーを調整するのでユーザーが殺到した場合サーバーダウンして使用不可になることがあります。

一方ブロックチェーン上で動作しているDappsは勝手に調整してくれるのでサーバーダウンが起こる心配もありません。

比較中央集権型
(従来)
非中央集権型
(Dapps)
運用コスト人件費
サーバー代
実質ゼロ
サーバー調整が必要
ダウンする事がある
ダウンしない
セキュリティ厳重管理必須
情報漏えいする事がある
ブロックチェーンで管理

Dapps(分散型アプリケーション)のメリット

  • 管理者なしで動作する
  • 利用料が安く抑えられる
  • サーバー管理が不要

Dapps(分散型アプリケーション)の一番のメリットはサーバー運用によるコストが大幅にカット出来る点でしょう。

ブロックチェーン上にアプリケーションを構築すればあとは予めプログラミングされたルールにしたがって動作するだけです。

サーバー運用をしなくても済む、ということは従来のサービスと違って人件費も安く抑えることが出来るので会社の取り分が少なく済みます。

そうなると、利用料や手数料も大幅にカットする事ができます。

これは利用するユーザーにとっても大きなメリットとなるでしょう。

Dapps(分散型アプリケーション)のデメリット

  • セキュリティの信用性
  • 手数料の変動
  • スマートコントラクトの処理速度

ブロックチェーンによって情報は管理されるため、第三者が攻撃や情報改ざんを行うことは基本的に不可能です。

しかし、まだまだ歴史の浅い技術のため導入実績や前例も少なく、社会的な信用性を獲得するにはもう少し時間がかかる印象です。

またDappsをはじめて搭載したイーサリアムでは処理能力の低さが問題となっており、利用者が増えると手数料の高騰や処理速度の低下が懸念されています。

Dappsはイーサリアムのもう一つの大きな特徴である「スマートコントラクト」を使用してシステムの自動化に役立てています。

しかし、こちらも処理能力を超えるユーザーが増えてしまうことで速度が遅くなる可能性があるります。

今後普及するためにはこれらの課題をクリアしていく必要があるでしょう。

既にDappsに特化した処理能力の早い通貨を開発するプロジェクトなども生まれているので今後に期待したいですね。

Dapps(分散型アプリケーション)の事例

Dapps(分散型アプリケーション)を使用したサービスは既にいくつか登場しています。

その中でいくつか紹介していきます。

  • 分散型取引所(DEX)
  • ゲーム
  • 本人確認・身分証明
  • 予測市場
  • 分散型ストレージ
  • 著作権管理

分散型取引所(DEX)

現在多くの方が利用している仮想通貨取引所のbitFlyerなどの国内取引所は全て企業によって運営されている中央集権型です。

取引や送金、ユーザーのサポートなどを全て企業が確認しており運営を行っています。

この取引所の仕組もDappsを利用することで非中央集権型で運用することが出来ます。

こういった取引所のことを「分散型取引所(DEX)」と呼びます。

手数料などのコストが安いメリットがあり、ブロックチェーン上で動作するため安心して利用することが出来ます。

(サポート対応なども基本ないので送金ミスが起こらないように注意しましょう)

  • 0x
  • Bancor
  • Kyber
  • AirSwap
  • Waves
  • EtherDelta
  • IDEX

ゲーム

Dappsの存在をブロックチェーンゲームで知った人が一番多いのではないでしょうか?

すでに多くのDappsゲームが登場しており、ゲーム内ではイーサリアムや独自通貨を売買してキャラクターを集めたり育成する事ができます。

ゲームのコンセプトも多種多様で仮想通貨に詳しくない方でも気軽に始めることが出来ます。

Dappsゲームの大きな特徴は遊ぶことでイーサリアムを稼ぐことが出来る点です。

0.01ETHほどの少量からでも遊ぶことが出来るのでぜひプレイしてみて下さい。

参考プロジェクトの一例

こちらの記事ではイーサリアムを安く買うことの出来る取引所を紹介しています。

イーサリアム(ETH)の手数料が一番安い取引所はどこ?最安価で買える理由を徹底比較
仮想通貨イーサリアム(ETH)が一番安く買えるおすすめ取引所を徹底比較!どこで購入すれば最安価で...

本人確認・身分証明

セキュリティレベルの高いブロックチェーンの技術を活用することで個人情報や本人確認、ID認証を安全に管理する事ができます。

ブロックチェーンに記録した情報を引き出すことで、免許証などの本人確認書類が不要で情報を持ち歩くことが出来るようになります。

これを活用することで、サービスに登録する際も簡単に個人情報登録が出来るようになるので、煩雑な手続きをスキップする事ができます。

参考プロジェクトの一例

予測市場

予測市場と聞くと少し難しそうに聞こえますが、簡単に説明すると「未来を予測するギャンブルが出来る市場」です。

ユーザーが自由にテーマを決めることが出来るので「次のオリンピックの金メダルはどの国が一番多い?」というようなテーマを立ててお金を賭けることが出来ます。

従来の予測市場では、テーマを決める胴元が集金や分配を行うので不公平感や不正の温床となっていました。

Dappsを使うことでテーマ決め、集金、分配を全てシステムが自動的に行なってくれるので手数料もなく公平なギャンブルが可能になります。

参考プロジェクトの一例

分散型ストレージ

現在Goggleドライブ、Dropbox、iCloudなど様々なクラウドストレージサービスがあり、世界中で多くの方が利用しています。

しかし、それらの情報は特定の企業やサーバーに管理されており、安全性の面で不安があります。

これらをブロックチェーン上の分散型ストレージで管理することで、写真や動画などをより安全に保存する事ができるようになります。

また、分散型ストレージの面白い仕組みとして自分の空いている容量を貸し出して仮想通貨を報酬でもらう事も出来ます。

参考プロジェクトの一例

著作権管理

ブロックチェーンの「情報の改ざんは不可能だが、誰でも書き込み、読み込みが自由にできる」という特徴を活かすことで著作権管理をすることも出来ます。

「誰がいつこの情報を記載した」という著作権の所在が明確になるので第三者などの証人が不要で効率的に著作権管理が可能です。

参考プロジェクトの一例

Dapps(分散型アプリケーション)の将来性

DAppsに投資しているVCファンドのDavidJohnston氏は将来性について以下のように語っています。

分散アプリケーションが、優秀なインセンティブ構造、柔軟性、透明性、弾力性、および分散型の性質のために、ユーティリティ、ユーザーベース、およびネットワーク評価において、世界最大のソフトウェア企業を凌駕するだろうと仮定しています。
The General Theory of Decentralized Applications, Dapps

既存の中央集権的なサービスよりも運用がしやすく、透明性に優れたDappsは現存するアプリケーションをすべて上書きしていく可能性が高そうです。

楽天、ヤフー、LINEなどの大手企業もブロックチェーン事業の参入や投資を始めており、世の中の仕組みが少しずつ非中央集権型に変化しつつあります。

専門家の私がDappsの特徴やメリット、デメリットをまとめて将来性について考察してみました。

仲介手数料が不要で安くなる

効率化とコスト削減だけでなく、全て無人で処理することができるので仲介業者に支払われる手数料無くすことが出来ます。

企業が運営している多くのサービスは、その企業が仲介することでサービス利用料や手数料を支払うことでその恩恵をうけることが出来ます

例えば、メルカリの場合もユーザー同士が誰かと商品のやり取りをしていますすが、そのサービスを提供しているのは企業です。

サービス利用料として商品購入時に手数料が差し引かれてしまいますが、Dapps(分散型アプリケーション)によってすべてプログラムだけで動けばそれも不要になります。

企業や人の手を借りなくてもすべて自動的に進めば人件費のコストもかからずに済むでしょう。

改ざん不可能で信頼性の担保が可能

ブロックチェーン上に記載された情報はすべて改ざんが不可能で、後から書き換えることは出来ません。

また、世界中に暗号化されて分散管理されているので、悪意のあるハッカーにハッキングされたり第三者に無断で閲覧されることもありません。

ブロックチェーン上に情報があるという事実が信頼性の担保にも繋がります。

後から情報の修正が不可能

Dapps(分散型アプリケーション)はすべて自動的にブロックチェーン上に書き込みが行われるプログラムシステムです。

そのため、記入した情報にミスがあったり書き換えたいと思ってもそれを変更することは基本的に出来ません

柔軟性の部分には難があると言えるでしょう。

すべてをDapps(分散型アプリケーション)化するのではなく、人同士でやり取りする場も同時に提供して共存共栄をはかるのがベストかもしれません。

通貨の処理性能に左右される

Dapps(分散型アプリケーション)ははじめてイーサリアムに採用された画期的なシステムとして大きな注目を集めました。

しかし、イーサリアムは2018年12月時点で秒間10件の取引処理しか出来ないため、世界中で使われることを想定すると処理能力に限界があると言われています。

処理能力以上のDapps(分散型アプリケーション)の使用がされれば、うまくシステムが動作しなかったり、取引の遅れが生じる可能性があります。

Dapps(分散型アプリケーション)を勉強するには

Dapps(分散型アプリケーション)について学ぶにはこちらの本がおすすめです。

アプリケーション開発など専門的な知識を身につけることで何が実現する事ができるのかを知ることができます。

Dapps(分散型アプリケーション)を搭載したイーサリアム(ETH)の買い方・購入方法

Dapps(分散型アプリケーション)を世界で初めて搭載した仮想通貨「イーサリアム」はその将来性の高さから多くの取引所で買う事ができます。

イーサリアムの買い方や、取引所に登録して口座開設から購入するまでの手順を詳しく知りたい方はこちらの記事で具体的に解説しているので参考にして下さい。

イーサリアム(ETH)の買い方と購入方法 | おすすめの取引所や将来性について
仮想通貨取引所でのイーサリアム(ETH)の買い方と購入方法について初心者の方にも分かりやすく解説...

投資未経験の初心者の方でも簡単に購入することが出来るので、これを機会にぜひはじめてみましょう。

イーサリアム(ETH)の関連記事一覧

特徴・将来性イーサリアムの特徴と将来性
送金確認イーサリアムの送金確認方法
取引所比較イーサリアムを安く買える取引所
買い方イーサリアムの買い方・購入方法
レバレッジ取引イーサリアムFXのおすすめ取引所

イーサリアム(ETH)の取引所別買い方

取引所ごとのETHの買い方
bitFlyerBITPOINT

Dappsのあとはスマートコントラクトについても覚えておくのがおすすめです。

【3分で分かる】スマートコントラクトとは?仕組みや事例を分かりやすく徹底解説!
仮想通貨の世界でよく目にする「スマートコントラクト」とは一体何なのでしょうか? 主にイーサ...



初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所BITPOINT

BITPOINT口座開設

  • レバレッジ取引最大25倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

Zaifの新しい譲渡先
安全な取引所FISCO

フィスコ仮想通貨取引所 口座開設プロモーション

  • JASDAQ上場会社運営の取引所
  • 取引手数料が0.1%
  • 高機能なチャートとセキュリティ

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします